初級者から中級者にレベルアップするためのロードマップ(動画あり)

こんにちは。福岡(春日・大野城・那珂川)の熱血テニスコーチ
森慶大です。

このページはYouTubeとの連動企画

「初級者から中級者にレベルアップするためのロードマップ」

です。
初級者が中級者(もしくはそれ以上)へ
レベルアップするために必要なことを
YouTubeの動画を載せつつ解説します。

何事も順番が大切です。
身に付ける順番は

①すべてのサーブに共通する「基礎」の習得
②ミスをしないセカンドサーブを身に付ける
③相手を崩せるファーストサービスを見につける

です。順番に解説していきます。

※この投稿は随時更新します
※動画のリンクも随時アップします

 

初級者から中級者にレベルアップするためのロードマップ

①サーブの基礎

後にセカンドサービスとファーストサービスを練習していきますが
まずは両方の基礎となる部分を身に付けましょう。

①トス

①狙ったところに上げられるようになる

サービスは

トスを上げたところに打ちにいく

のではなく

サービスのスイングの中にトスを入れる

が正解です。
ということはまずトスを思い通りに
上げられるようならなければいけません。

②回転をかけない

思い通りに上げられるようになるために
まず大事なのは

ボールに回転をかけないこと

です。
回転がかかるということは指に引っかかっているので
ボールがあっちこっちに散らばります。

指に引っ掛けないことがコツです。

 

③膝を使わない

上げる時に膝を使わないことも重要です。
(女性に多いです)

膝を使うと体がぶれるので
一緒にトスもぶれてしまいます。

④力まない

最後にここが超重要です。
サービスが苦手な方は大体トスが苦手です。

トスが苦手な方の多くは力んでいます。

左手が力むとトスがうまく上がらないばかりか
右手まで力んでしまい
サービスがより苦手になってしまいます。

 

②狙えるようになる(短い距離→遠い距離・ゆっくりでOK)

次はラケットを持って目標を狙います。
テニスは

「どうラケットを振るか」

ではなく

「どう目標に打つか」

が大切です。
「どう振るか」はいったん忘れて
目の前にある近い的に向かって「どう打つか」
を考えてください。

目の前の的に向かって打つのに
「大きなテイクバック」が必要ですか?

上に向かって打つのに
「トスが前で」大丈夫ですか?

このように
目標に向かって打つには

「トスはどこに上げればいいか」
「テイクバック時の面はどこを向いていたほうがいいか」
「テイクバックはどれくらいするか」

自然に決まってきます
そして自然で、スムーズなフォームになります。

「こうしなきゃ」
「こう打たなきゃ」

と考えるからぎこちなく、
不自然な動き・フォームになるのです。

 

②セカンドサービス

①100%「入れる」セカンドサービス

ファーストサービスとセカンドサービスの違いは何ですか?

と聞かれてあなたは何と答えますか?

答えは
ファーストサービスは「崩す」サービス、
セカンドサービスは「入れる」サービスです。

これを勘違いしている人が多くいます。

攻撃されたくないからと

「えいっ!」

と思いっきり打っているプレーヤーを多く見かけます。
(特に男性)

それではポイントは取れません。

「えいっ!」

と打って入ればいいです。
しかし、それでサーブを入れるのは至難の業です。

そこを目指すこと自体は間違っていませんが
一歩一歩上達しましょう。

この「入れる」ということを理解することが
セカンドサービスの第一歩です。

①のサービスの基礎を身に付けた方ならば
考え方さえ間違わなければこのステップは大丈夫なはずです。
おそらくゆっくりであればほぼ100%
サービスボックスに入れることが
できるでしょう。

クリアした方は次のステップに進みます。

次のステップは「攻撃されにくいセカンドサービス」です。

 

②攻撃されにくいセカンドサービス

(近いうちに更新します)

①回転をかける

②深く狙う

③コースを狙う

 

 

 

③ファーストサービス

セカンドサービスと違ってファーストサービスは
相手を「崩す」サービスです。

あくまで「崩す」です。「決め」なくてOKです。
サービスだけでポイントを取るわけではなく
次のショット(ストロークやボレー)につなげていくショットです。

崩すためには以下の要素が必要になります。

①深さ
②コース
③スピード
④回転

これらが1つできれば攻撃されにくくなり、
2つできれば「崩せる」ようになり、
3つできればサービスだけで「決める」ことが

できるようになるでしょう。
自分の特性を見極め、できるところから練習していきましょう。

(近いうちに更新します)

①深さ

②コース

③スピード

④回転